応援する!

「原発のことは国任せにせず、真剣に考えて県民みんなの投票で決めたい」というこの活動に共感していただける人は、ぜひ賛同人としてweb上で応援してください。

下のフォームからお名前、肩書き等(お名前に後にカッコをつけて)をお送りください。メッセージも歓迎です。日本中から、世界中から、たくさんのご賛同をお待ちしています。
※メールアドレスは必須ですが、公開はされません

32 Responses to “応援する!”

  • click より:

    I am truly delighted to glance at this weblog posts which contains tons of valuable facts, thanks for providing these statistics.

  • 野田千香子 より:

    さいたま市の野田千香子と申します。埼玉県では原発県民投票準備会を遅ればせに、立ち上げ、署名期間は2014年10月初旬12月と予定しています。新潟県民投票の際のチラシや三つ折りパンフなどを見せていただきました。しおたまこさんのイラストが素晴らしく、また、署名方法をまとめられたA3紙もよくできていて、感心しております。教えていただきたいこと、ご相談したいことがございます。当方にご連絡いただければありがたく存じます。

  • アマリリス より:

    何がなんでも、柏崎原発…じゃなくても新潟県の原発再稼働には絶対反対だ。

    もし事故あったら、どうしてくれるのだろか?
    事故に合わないように対策練ってもいないのに。
    もし事故に合わないようにしても、絶対再稼働には反対。

    新潟県に住む者として
    新潟県の事を考える未成年者として
    言わせてください
    あんな危険な物をいらない

    私の友達で福島出身の子がいる。
    その子みたいに大好きな土地を失いたくない

  • うちだ より:

    応援します。

    原発には絶対反対

  • jonah(軍民分離と無防備地域宣言) より:

    原発は原爆地雷。廃炉が生きる選択

  • えびオ より:

    NHKニュースより
    5キロより外では自治体がヨウ素剤を備蓄し避難の段階で配布するとしています。

    ヨウ素剤 を調べると
    被曝6時間後は飲んでも防止できないとなっています。

    放射能漏れの事態は大混乱になっていると思っていたほうがよく、自治体で備蓄していても交通機関が麻痺していれば6時間はあっという間です。しかも放射能漏れ初期段階は外に出ないほうが被爆しないのです。

    よって、市民を大事に思うなら既に各家庭に配った方がよいでしょう。

  • なかむらやすし(名ばかりの民主主義国日本に失望中) より:

    凄いモチベーションの必要な活動でご苦労様です。
    残念ですが新潟県ならびに日本は民主主義の名を借りた権力者による支配政治国家です。

    議員は皆、選挙の為に活動し、地元権力者の為に働きます。決して国民の為に活動しているとは思えません。

    そこで私も県民投票(国には国民投票を希望します)にはとても賛成です。必ず民意は表す事ができます。
    ただ表された民意が実行されるか否かは残念んな事に議員の判断です。

    さて原発の話に焦点をあてた場合、日本は残念な事に広島、長崎に原爆を投下され、福島では原発が爆発し、こんな小さな島国で3度も原子力に被害をこうむっております。

    それを否定できない日本国はやはり利権がからむ事情があるのでしょう。

    原発に対する県民投票にこだわらず、まずは民意を表明できる県民投票を実現されてはいかがでしょうか。

  • 大熊(狸) より:

    応援します。投票は良い方法の一つだと思います。

    代議士では民意を直接議会に反映されないと感じている。
    民意と言っても様々な意見だってある。
    メディアの情報が正しいとは限らないしね。

  • たかはし やすお (老人) より:

    提案です。国民運動とする為に、若し柏崎刈羽の原発が事故を起せば、放射能は
    ここまで風に乗って届きますよ、と広く
    国民に知らしめることかと、思います。
    その一方法として、原発近辺からその旨のメモを載せた「風船」を飛ばしたら如何ですか。 特に北風の強い日に飛ばせば、関東圏、場合によっては東京近辺まで届くかも知れません。 
    であれば、訴える力は大きく成ると思いますが、如何。 老人の戯言かもしれませんが。ご検討願います。

  • 梶谷徹哉 より:

    原発県民投票静岡です。40000筆以上達成しましたね。頑張りましたね。第一段階おめでとうございます。これからですね。益々署名数が増えますね。これで日本の原発のある県など、新潟県・静岡県達成を見て全国に広がることを期待します。情報交換しながら頑張りましょう。スタッフのみなさん、身体には気おつけて下さい。

  • SR ONE より:

    今日署名しに行きます。

  • 津田陽子 より:

    初めの頃は 集まるかしらと 不安でしたが お互いに できると信じてがんばろうと 励ましあいました 最低でも5千人でしたが 始めから はるかに遠い 一万人を 目標にしてがんばりました ですから 一万人を超したときは皆で大喜びしました 結果 一万3677人で 提出してそのうち 有効署名数は 一万2028人でした 選挙管理委員会で縦覧が 今日から始まりなした
    県としても 大成功でした 新潟県の皆さんも信じてあと少し頑張ってください

  • 民主主義の基本は住民が意志を表示することです。日本でももっと普通に住民投票の制度が活用されれば、政治を活性化できる。また新潟県では、旧巻町で住民投票で原発を止めた歴史は重い。当時は、住民意識は2分されていたが、今は原発を作らないで良かったと思う住民が大半だ。

  • 津田陽子 より:

    静岡県はこれから県議会議員がどう動くのかが
    重要で富士宮市では地元の議員と対話集会を
    もちます 何かいい考えがあったら教えてください 条例が出来るかどうかは県議会の賛成にかかっています 自分たちがどんな議員を選んでいたかを知ることになります 新潟の皆さんがっかりすることも多いですが赤の他人の私達に連判状を託してくれる人たちの思いをしっかり
    受け止めましょう

  • 津田陽子 より:

    市の関係では排除された経験から助言します
    〔私達は法律で60日間の署名活動をするようもに選挙管理委員会に登録した受任者が多くの市民に署名簿を届ける責任がありますので邪魔をするなら住所氏名職場を書いてくださ妨害をされたと届けますから)と言って下さい市長は
    二枚舌でひどいものでした 生協やスーパー前
    市民会館使用者に直接依頼して部屋の外でO
    K 勝手にやらせてもらって御迷惑の時はいつでも止めますからと頼み込む。がんばってね

  • 雛元 昌弘 より:

    SOSメールが飛び込んできたので、些少ですがカンパさせていただきます。「ささえあいコミュニティ生活共同組合新潟」の高見優さんに、是非、働きかけてみて下さい。学生時代の友人です。

  • さとう より:

    応援しています!!

  • 黒木麻夜 より:

    私はカナダに在住していて具体的には何もお手伝いできないのですが、賛同いたします。こちらにも日本の原発について心配している方が思いのほかたくさんいます。ぜひがんばってください。

  • 津田陽子 より:

    静岡県浜岡原発県民投票は今日までですが 富士宮市で1万人近くを集めましたが今日も最後の日をがんばります新潟県のみなさんもこの一歩がどんなに私たちに勇気を与えるものか
    信じて頑張ってくださいわたしは

  • 宇津井芽衣 より:

    私の大切な友人家族、年老いた親戚達が新潟で暮らしています。彼らが安心して幸せに暮らせるように、、応援していますので頑張ってください。

  • 高木 大作 より:

    福島第一の収束も検証も解明も、補償も全てが不充分 なままで、再稼働など言語道断。

    既に再稼働という選択肢はなく、「即時廃炉」以外の道はない。

  • 山下直子 より:

    新潟出身の者です。現在日本にはいませんが、私は私なりに出来ることをしていきます。

  • 吉澤和芳 より:

    新潟は署名さえ集まれば絶対実現できる!
    がんばれー

  • 奥中祐次 より:

    今日、新潟市東大通にあるレストラン「マリールゥ」で原発新潟県民投票の署名をして、facebookに投稿しました。

  • やまぐちまさ 農民音楽家 より:

    心から願っています。

    利権や欲に支配されない世界を。

    脱原発からはじまっていくことを。

    みんなが豊かに笑えますように。

  • 田辺健 より:

    原発住民投票を日本で最初に実施した巻町出身者です。遠く千葉から応援しています。

  • 荒木由香 より:

    横浜から応援しています。がんばって!!

  • 前田歩美 より:

    上京して新潟を出てしまったのですが、応援したいです。東京・大阪では悔しい結果になってしまったけど、新潟では成功してほしい。家族にも呼び掛けてみます。

  • 山崎留美子(主婦) より:

    栃木県より応援してます。

  • 近美千代 より:

    本日初街頭署名。署名してくれる人から元気をもらい、一日がんばれました。皆さんの関心の高さを感じました。まだ署名出来ない若い人たちが何人も署名に来てくれました。この人たちのためにも、頑張らなきゃって思いました。

  • officegilberto より:

    大飯のようにならないよう、がんばりましょう!

  • 木村友昭 より:

    受任者としてお手伝いはできないのですが、賛同いたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Powered by WordPress. Design: Supermodne.